0 Comments
クリステンセンらのアウディR8が優勝…ルマン24耐 : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



ルマンの市街地コース(1周13・65キロ)で行われた自動車のルマン24時間耐久レースは19日午後4時(日本時間同日午後11時)にゴール時点で、トム・クリステンセン(デンマーク)、マルコ・ベルナー(独)、JJ・レート(フィンランド)組のアウディR8が370周を走りきって優勝した。





 クリステンセンは6年連続7度目の優勝で、優勝回数で史上単独トップになった。2位は2周遅れで、エリック・コマスらフランス人3人が乗ったペスカロロ・ジャッド。上位4位中3台はアウディ。



 マシン、ドライバーともに純日本の体制で挑んだ荒聖治、道上龍、金石勝智組(童夢・無限)は折り返しの12時間経過時点で4位を走行していたが、1時間後に故障でリタイア、元F1レーサーの中野信治らのクラージュ・ジャッドも前半戦でリタイアした。




日本でもレース経験があるトム・クリステンセンがこういう形で活躍する事となろうとはひと事ながら嬉しいものがあると言うか。昨年度のルマンでトムと同じチームだった荒聖治が今年は残念ながらリタイアとは・・・運命の残酷さ?それにしてもかつては地上波のテレビでもルマンの中継をやっていたものですが、いつしか中継をやらなくなってからはまぁ盛り上がらない事(自分の中で)。かつて夜中じゅう中継していた頃はずーっととりあえずテレビを付けつつまったりと眠りこけつつも見ていたものですが・・・もう地上波ではルマンはやらないんでしょうかね。ダイジェストでもやってくれると嬉しいのですが。



関連記事
かっちゃんず
Posted byかっちゃんず

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply