0 Comments
オートレースに転身するためにSMAPを脱退、その後オートレース選手として大活躍する事となる森且行さん。鈴鹿8耐の監督をやっているとは知りませんでした。このカテゴリーでも大活躍の予感?



元SMAP森監督が「表彰台宣言」/鈴鹿8耐



<鈴鹿8時間耐久ロードレース>◇2日目◇30日◇三重・鈴鹿サーキット(1周5・821キロ)◇出走20台◇晴れ、気温30・9度◇観衆4万1000人◇スペシャルステージ(公式最終予選)



 元SMAPの森且行監督(31)が表彰台宣言した。オートレーサーの森監督率いる青木治親(29)安田毅史(27)組が、公式最終予選スペシャルステージで2分11秒002をマークし、今日31日の決勝は12番グリッドにつけた。元アイドル監督は初采配で3位以内のノルマを掲げ、最終日に臨む。ポールポジションは3年連続で伊藤真一(38)が獲得。単独で歴代最多5勝目を狙う宇川徹(32)は2位の好位置につけた。



 「オートレースチーム・ハルクプロ」を指揮する森監督は、SSで12位につけたことに「まずまずの順位はキープできた。2人とも本番に備え、気合が入っていて良かったと思う」と評価した。アイドルを卒業して9年がたち現在はオートレーサーの第一人者。鈴鹿初参戦で注目されているが「決勝は表彰台を狙う」と意気込んだ。森と同じ現役オートレーサーの青木は「決勝は5番スタートを目指していたが、いい機会なので上を狙う」と話していた。

関連記事
かっちゃんず
Posted byかっちゃんず

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply